読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

農業のイメージを変えるスーツ農家 サイトウキヨトがつくる「家福来米」

スーツを着て農業する齋藤聖人。 彼がつくる「家福来米(かぶらまい)」は、食べるお家に福が来るお米。

手段は違えど、目的は同じ。

只今27年産、新米[家福来米]を絶賛発売中です!!!

そして!

[ 家福来米まずは食べてみてキャンペーン ]も絶賛開催中です!

日本一有名な農家に俺はなるっ!

自分も楽しく、そして僕を観て楽しんでもらって、農業に興味をもつ1つのキッカケになって欲しい。

そこから広がる新たな可能性を胸に、[スーツ姿で農作業]に励んでいます!

[スーツ農家]の齋藤聖人です!

今日は朝からパタパタと準備作業。

そしていざ積み込み出発!!!

IMG_1771.jpg

そう!

本日は[ お米配達人 ]として、駆け回っていました!!!

安心してください!

キャンペーンにご応募頂いた方のお米も、本日発送させて頂きましたので、もうしばらく楽しみにお待ちください!

家福来米を食べて下さる方には、できる限り直接手渡しさせて頂きたいと思っていますので、置賜圏内の方には僕が配達人としてお届けしております!!!

そうしてお届けにあがらせて頂いた方は、皆さん笑顔になってくれます。

自分が作ったモノは、人を笑顔にすることができる。

僕が就農した頃、自分の家のお米に対してあまりそんな風に考えていませんでした。

でも、直接お届けすることが増えていく中で、自分の家のお米がこんなにも喜んでもらえて、笑顔にすることができることが、凄く嬉しかった!!!

だから、もっと沢山の人に喜んでもらえるように、ちゃんと頑張らなくちゃと思ったし、やっぱり家福来ファームの農業を繋げていかなきゃと思いました。

最初は自分のためにと思って始めたブログも、今では色んな方に観てもらえるようになったし、応援して下さる方もすこしづつ増えてきました。

応援してもらえると、自分も凄く楽しくなって、また頑張ろう!!!って思います。

本当にありがとうございます!!!

もっともっと笑顔になってもらえるように(色んな意味で)、今後も僕にしかできない事、僕ができることを発信していこうと思います。

今年のお米作りは一段落して、これから寒い寒い冬を迎える訳ですが、今後もホットなご報告をドンドンしていきますので、楽しみにしててください!

ちなみに!

置賜地域の方には、新米を特別価格で販売させて頂いておりますので、是非一度ご笑味ください!

もちろん!

お届けはスーツ農家の齋藤聖人が直接配達致します!!!

あっ、もしも僕に逢ってみたいと思って下さる方がいらっしゃいましたら、お米を買わずとも参上いたしますので、こちらもご連絡お待ちしております!!!笑

自分が作ったモノは、人を笑顔にすることができる。

これはきっと農家だけに言えることではないと思います。

これだけモノが溢れかえっている今だけど、きっと、誰しもが笑顔にできるモノを作っているはず。

だから僕は農家を継ぐと決めました。

手段は違えど、目的は同じなんです。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!

次回つづく!

です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebookTwitterでもアップしています。

お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!

是非宜しくお願い致します!

………………………

『 家福来ファームオンラインショップ 』 

http://kaburamai.jp

………………………

bookcafe UN!ON(ユニオン)

※UN!ONでは、スーツ農家齋藤聖人&お嫁さんで、愛情込めてコーヒーをお出ししております。

更に!家福来米を使用した『おにぎりセット』も限定数ご提供しております!

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください☆

山形県東置賜郡川西町上小松1037-1

フレンドリープラザ1階

【通常営業】

毎週 金曜・土曜

10:00~20:00(Lo19:30)

プラザイベント時 臨時営業

10:00~プラザ営業時間に準じる

………………………

ファーマーズFacebookページ

https://www.facebook.com/farmers5.komatu

お問い合わせ先

farmers5.komatu@gmail.com

※お手数ですがFacebookTwitter、またブログからご連絡頂ける方は一度メッセージやコメントでのご連絡を頂ければ幸いです。

齋藤聖人(さいとうきよと)

メールアドレス kaburamai@gmail.com

Facebookアカウント 齋藤聖人

Twitterアカウント @popotan0911

※お手数ですがFacebookTwitter、またブログからご連絡頂ける方は一度メッセージやコメントでのご連絡を頂ければ幸いです。