読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

農業のイメージを変えるスーツ農家 サイトウキヨトがつくる「家福来米」

スーツを着て農業する齋藤聖人。 彼がつくる「家福来米(かぶらまい)」は、食べるお家に福が来るお米。

目標達成の1日を!

その他色々なこと!

只今27年産、新米[家福来米]を絶賛発売中です!!!

日本一有名な農家に俺はなるっ!

自分も楽しく、そして僕を観て楽しんでもらって、農業に興味をもつ1つのキッカケになって欲しい。

そこから広がる新たな可能性を胸に、[スーツ姿で農作業]に励んでいます!

[スーツ農家]の齋藤聖人です!

昨日はコタツで寝落ちしてしまってました。。。

稲刈りが終わってからちょっとたるんでしまって…イカンイカン!!!

今この瞬間からシャキッとせねば!!!

という訳で昨日は午前中お嫁さんと一緒に通院。

午後からも用事があったため、昨日は農作業はお休みにして、ちょっとだけお嫁さんと遊んできました!

IMG_1756.jpg

用事があったのが上山市だったので、その流れでそのまま山形市へ。

ちょうど以前から気になっていたカフェが昨日は営業日だったので、早速GO!

実は、僕のお嫁さんは昔からオモシロそうなカフェに行くのが大好きで、神戸に住んでいた頃は、週末になると必ず新たなカフェ探しをしたりして遊んでいました。

その頃は全然豆に詳しい訳ではなく、勿論コーヒーの味の違いなども全然でした。

でも、カフェという空間が凄く好きで、当時から空間を基準にカフェ探しをしていたようにも思います。

今日行ったカフェも凄く素敵な空間になっていて、こんなカフェが川西町にあったらいいなーと凄く思いました。

そう思っているからこそ、自分たちも週末だけだけどカフェをやっていて、当時からすると全然イメージしてなかったからこそ、今となっては少々不思議な気持ちにもなります。

でも、なんでカフェができるようになったのか??

ある人からアドバイスを受けたことがキッカケでした。

なりたい自分を、やりたいことを限りなく具体的にイメージする。

見た目やその時の感情や音、香り、とにかく細部までリアルに。

そしてそれをひたすらイメージしつづけて、沢山の人に想いを話すこと。

するといつの間にか、イメージしたことがカタチになって、なりたい自分になってしまうんですこれが。

なんでそうなるのか?

人間の機能を考えれば単純なことらしいのですが、僕は分かりやすく説明できないのでやめときます。笑

ただ、やっぱりやりたいことがあるならば今すぐにでもやった方がイイんだと思う事は確かです。

本当はすぐにでもできることでも、やらない理由をすぐに作ってしまう。

僕も偉そうな事は言えないし、まだまだやれることは沢山。

だから、1日の生活の中で小さなことでもいいから何かを達成する。

前から気になっていたお店に入ってみようとか。

今日はあの道を通ってみようとか。

映画や小説を1作品楽しんでみようとか。

遠く離れた友人、家族に電話してみようとか。

なんでもいいと思います。

今日は何かを達成する1日をお楽しみ下さい!!!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!

次回つづく!

です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebookTwitterでもアップしています。

お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!

是非宜しくお願い致します!

………………………

『 家福来ファームオンラインショップ 』 

http://kaburamai.jp

………………………

bookcafe UN!ON(ユニオン)

※UN!ONでは、スーツ農家齋藤聖人&お嫁さんで、愛情込めてコーヒーをお出ししております。

更に!家福来米を使用した『おにぎりセット』も限定数ご提供しております!

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください☆

山形県東置賜郡川西町上小松1037-1

フレンドリープラザ1階

【通常営業】

毎週 金曜・土曜

10:00~20:00(Lo19:30)

プラザイベント時 臨時営業

10:00~プラザ営業時間に準じる

………………………

ファーマーズFacebookページ

https://www.facebook.com/farmers5.komatu

お問い合わせ先

farmers5.komatu@gmail.com

※お手数ですがFacebookTwitter、またブログからご連絡頂ける方は一度メッセージやコメントでのご連絡を頂ければ幸いです。

齋藤聖人(さいとうきよと)

メールアドレス kaburamai@gmail.com

Facebookアカウント 齋藤聖人

Twitterアカウント @popotan0911

※お手数ですがFacebookTwitter、またブログからご連絡頂ける方は一度メッセージやコメントでのご連絡を頂ければ幸いです。