読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

農業のイメージを変えるスーツ農家 サイトウキヨトがつくる「家福来米」

スーツを着て農業する齋藤聖人。 彼がつくる「家福来米(かぶらまい)」は、食べるお家に福が来るお米。

[ギリギリセーフ]から学ぶべし!

未分類

おばんです!!!

「スーツ農家」の齋藤聖人です!

今日は朝からピカーンと日差しがあり、風も吹いていたので朝露の乾きも早いっ!

そして今日は晴れの予報!

ということで、今日はいつもよりもちょっと早く稲刈りの旅へと出発!

黄金色に輝く稲穂が風に揺れる中をコンバインで刈り行く様は、まるで金色の海を進む宝船のよう。。。

でございます!!!

そんな美しさに浸りながらも、先輩農家さんにアドバイスをを受けた、無駄のない機械操作に気をつけながら、効率良く刈り取りができるように神経を集中させます!

そんなこんなで順調に進んでいたかと思われた今日の稲刈りですが…

なんじゃあの雲はー!!!

あの雲の下は完全に雨降っとるやないかーい!!

てな感じのいかにも怪しげな雲が、みるみるこちらに近づいてくるではありませんか!

もう少しで終わるからなんとか持ってくれー!

と思っていた矢先…

ポツリ、ポツリ、ポツリ。。。

この感じはやばい!

ここからは一気にスピードアップ!

なるべく機械に負担のかからないように、かつ最速のスピードを目指して設定変更。

家福来ファームのコンバインさんは、もう20年のベテラン選手なので、あまり無理はさせたくないのですが、彼ならこの難所を切り抜けてくれる事を信じて、アクセルレバーを前に出しました!

そしていよいよラストターン!

なんとか無事に刈り終え、コンテナに籾を排出してすぐさま乾燥機にバトンタッチ!

その瞬間、なんと雨が本降りにっ!!!

ということで、今日はギリギリセーフな1日となりました。

これがあと10分遅ければ、せっかく刈り取った籾が雨でびしょ濡れになっ乾燥時間も余計にかかってしまうし、そうなると様々な経費も余計にかかります。

しかも、コンバイン内部が濡れてしまった日には、最悪刈り取りの祭に稲穂が詰まってしまう原因にもなりかねません。

もしこの時期コンバインが故障してしまったら…そう考えると、どうすれば稲刈りという作業をいかに効率的に、かつ機械の負担も軽減させられるかを考える事が、すごーーーく重要な事なんだと改めて感じました。

就農1年目の頃は、刈り取りすることで精いっぱいだったので、そんな事は全然考えられていなかったです。

一つ一つの作業を、ただこなすのではなく、なんでその作業が必要なのか?

もっと効率的に素早く行うにはどうすべきか?

塵も積もれば山となる。

小さな事でも、そこに気付けるかどうかが大事。

経験を重ねる毎に、沢山気付くことができるように、明日も考えながら旅に出かけよう。

そんな1日でした。

めでたしめでたし~。

皆さんも、明日は小さな気づきに気づく1日をお過ごし下さい!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!

次回つづく!

です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebookTwitterでもアップしています。

お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!

是非宜しくお願い致します!

………………………

家福来ファームオンラインショップ

http://kaburamai.jp

………………………

cafe UN!ON(ユニオン)

※UN!ONでは、スーツ農家齋藤聖人&お嫁さんで、愛情込めてコーヒーをお出ししております。

更に!家福来米を使用した『おにぎりセット』も限定数ご提供しております!

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください☆

山形県東置賜郡川西町上小松1037-1

フレンドリープラザ1階

【通常営業】

毎週 金曜・土曜

10:00~20:00(Lo19:30)

プラザイベント時 臨時営業

10:00~プラザ営業時間に準じる

………………………

ファーマーズFacebookページ

https://www.facebook.com/farmers5.komatu

お問い合わせ先

farmers5.komatu@gmail.com

※お手数ですがFacebookTwitter、またブログからご連絡頂ける方は一度メッセージやコメントでのご連絡を頂ければ幸いです。

お問い合わせ先

齋藤聖人(さいとうきよと)

メールアドレス kaburamai@gmail.com

Facebookアカウント 齋藤聖人

Twitterアカウント @popotan0911

※お手数ですがFacebookTwitter、またブログからご連絡頂ける方は一度メッセージやコメントでのご連絡を頂ければ幸いです。