読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

農業のイメージを変えるスーツ農家 サイトウキヨトがつくる「家福来米」

スーツを着て農業する齋藤聖人。 彼がつくる「家福来米(かぶらまい)」は、食べるお家に福が来るお米。

恐る恐る……

おばんです!!!

今日も山形は蒸し暑ーーーーーーい1日でした。。。

只今絶賛中干し中なので、お天道様にお顔を出して頂きたいのですが、なかなかうまーくはいかないものですね!

悔しいです!!!

が、農業は自然相手です。

時には自然にの恵みに感謝し、時には自然の脅威に心が痛くなる。

人間は偉大ですがちっぽけですね!

でもそこが面白いですね!

という訳で本日は、重い腰を上げてのばか苗抜きの旅を予定しておりまして、田んぼに到着し、いざ開始!!!

と思いきや父から電話が入り、『農協さ普及課の先生来てで葉色診断すっからお前も行ってくんだー』と言われまして、これは行くっきゃないと思い、急遽飛び入り参加させて頂きました!!!

IMG_1891.jpg

各参加者の圃場を皆でまわりまして、普及課の先生がサッと『草丈』『葉色』『茎数』を計測されまして、現段階の生育進捗状況や今後の作業のタイミングの目安(具体的には出穂予定日から逆算した肥料散布の目安日など)などを診断して頂きました!!!

IMG_1890.jpg

IMG_1892.jpg

IMG_1893.jpg

写真ではかなり分かりづらくなってしまいますが、各農家さんそれぞれ品種の違いや栽培方法、細かく言えば作業のタイミングや肥料、除草剤の違い、また各圃場の地力の違いなどから、1つとして同じ圃場は存在しません。

なので診断内容も農家さん毎にかなり違ってきます!

そして面白いのが、圃場には農家さんの性格などが色濃く出ることです!!!

あえて詳細は伏せさせて頂きますが、特に葉色を見ると一目瞭然!らしいです。。。

そして今回齋藤家の圃場も少々診て頂きました!!!

今回は『はえぬき』という品種の圃場をみて頂きまして、先生がまず一言。

『この田んぼは米獲れますねー』

だそうです!!!笑

その理由としてはまず茎数を沢山確保していることにあります。

はえぬきという品種は茎数を多めにとっても他の品種よりも倒伏の心配がないため、他の品種よりも植え込み本数などを増やしております。

倒伏とは稲が倒れてしまうことなのですが、稲刈り時期にまたご説明させて頂きます!

齋藤家では基肥一発肥料を使用しているため、その後の施肥はほとんど行わず収穫までいきますので、現在の状況に不安もあったのですが、現段階での葉色も問題ないようで、さらには皆さんから、草丈や葉色もまずまず揃っていて良い田んぼとお褒めのお言葉も頂き、一安心出来ました!

他に課題もありますが、僕もこんな風に言ってもらえる農家に早くならねばです!!!

そのためにもまずは草刈!!!

という訳で午後からはひたすら草刈に励みまして、日暮れ間近にばか苗抜きを少々。。。

今日は他の農家さんの圃場を間近で見ることができ、とても勉強になる1日でありました!!!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!

それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。

お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!

是非宜しくお願い致します!